half complete
〜 No Legacy Design 〜

カリフォルニアロールペンケース(ペン同士による傷がつかない)

一般的なロールペンケースとは異なり、half completeのロールペンケースはペン同士による傷がつかない構造となっています。

half completeオリジナル構造の本ロールペンケースは、一般的には「内」側とされる革を「外」側にして巻きます(一般的なロールペンケースは「外」側の革を「外」側にして巻きます)。

一般的なロールペンケースの場合

世の中に多くあるロールペンケースは外側の革を外側にして巻くようです。内側上部にはベロがあり、ロールペンケースを巻く際にはそのベロがペンとペンの干渉を防ぐ、とされています。

しかしながら、相当気をつけてペンとペンの間にベロを入れるように巻いたところで、ペン同士で干渉すると考えております。

なぜなら、一般的な巻き方ではペンとペンとの間が狭まる力が働くから。

half completeオリジナルのカリフォルニアロール(裏巻き)ペンケースの場合

特徴1: 裏巻き

half completeのこのロールペンケースは、一般的には内側とされる被せの革を外側にして巻きます。

ペンとペンの間が開くように力が働くため、巻く際のペンとペンとの干渉は起きないと考えております。

ペン上部の被せを

おろして、

被せが外側になるように巻きます。

特徴2: 保持部の高さが低いこと

〜 キャップだけ抜いちゃったことありませんか? 〜

一般的なロールペンケースのペンを挿す部分(保持部)の高さは、ペンクリップが引っかかるような高さ、またはペンを覆うような高さに取ってあるようです。

しかしながら、キャップ式のペンを挿した場合、キャップだけ取れてしまい、下がついて来ない、なんてことがあるようです。

half completeオリジナル構造のロールペンケースのペンを入れる部分(保持部)はペンキャップの1cm下くらいに抑えてあります。

このため、キャップを持ってペンを取り出すのではなく、ペン軸自体を持ってペンが取れるようになっています。

reverse文具