メニュー 閉じる

カリフォルニア・ロール・ペンケース

一般的なロールペンケースとは異なり、ペン同士による干渉で傷がつかないhalf completeのロール・ペンケース

 

half completeのカリフォルニア・ロール・ペンケースは、一般的なロールペンケースとは異なり、ペン同士による傷がつかない構造となっている。

一般的なロールペンケースの場合

一般的なロールペンケースではペン同士が干渉してペンに傷がつく。

世の中のロールペンケースには次のような注意書きがある。

「ペンとペンの間にベロを入れて、ペン同士による傷がつかないように巻いてください。」

ロールペンケースの内側上部にはベロがあり、ロールペンケースを巻く際にはそのベロをペンとペンとの間に入れることにより、ペンとペンが干渉して傷がつくことを防ぐ、とされている。

しかしながら、相当気をつけてペンとペンの間にベロを入れるように巻いたところで、ペン同士で干渉し、傷がつくことは避けられない。

なぜなら、一般的なロールペンケースの巻き方では、ペンとペンとの距離が縮まる方向に力が働いてしまうから。

half completeのカリフォルニア・ロール・ペンケースの場合

half completeオリジナルのカリフォルニア・ロール・ペンケースではペンとペンが干渉することはまずあり得ないと考えている。

half completeのカリフォルニア・ロール・ペンケースは一般的なロールペンケースとは反対の構造となっている。

一般的なロールペンケースは巻くことによって、ペンとペンとの間が狭まる力が働くが、half completeのカリフォルニア・ロール・ペンケースは、ペンとペンとの間が『広がる』力が働く構造となっている。

half completeのカリフォルニア・ロール・ペンケースでは、この構造により、ペンとペンが干渉して傷がつくことは、あり得ない、と考えている。

特徴1: 裏巻き

half completeのカリフォルニア・ロール・ペンケースは、一般的なロールペンケースとは反対の巻き方をする構造。

一般的なロールペンケースでは外側の革を外側として巻く。

half completeのカリフォルニア・ロール・ペンケースでは内側の革を外側にして巻く。

一般的なロールペンケースでは、外側からペンをつぶすような巻き方になるため、ペンとペンとの間の距離が狭くなり、ペン同士が必ずぶつかる構造となってしまっている。

half completeのカリフォルニア・ロール・ペンケースでは、内側からペンを開くような巻き方をするため、ペンとペンとの間は広がる方向に力が働き、ペン同士がぶつかることはない。

half completeのカリフォルニア・ロール・ペンケースの使い方

ペン上部の被せ(一般的なロールペンケースではベロ)を

 

おろして、

 

被せ(一般的なロールペンケースではベロ)が外側になるように巻く。

 

特徴2: 保持部の高さが低いこと

〜 キャップだけ抜いちゃった?! 〜

一般的なロールペンケースのペンを挿す部分(保持部)の高さは、ペンクリップが引っかかるような高さ、またはペンを覆うような高さとなっている。

このため、キャップ式のペンを挿した場合、キャップだけが取れてしまい、下がついて来ない、なんてことが発生する。

half completeオリジナル構造のロールペンケースのペンを入れる部分(保持部)はペンキャップの1cm下くらいに抑えてある。

ミニペン用

このため、キャップを持ってペンを取り出すのではなく、ペン軸自体を持ってペンが取れるようになっている。

素材等

植物タンニン鞣し牛革、ハトメ、ナイロン糸(ミシン縫製)

 
No Legacy Design
 
about aJustable any-shaper butterfly catapillar crescent cross-trans dual easy-sort flattable frame less-metal L⇔R mini moving no-knit no-magic-cut one-piece only-two ooo outsider pastel-dye pen-slot reverse round skelton skip-knit spilt-avoider splitter trans zero ёё
 
 
© half complete®