About 送料等 個人情報 お問合せ

half complete
〜 No Legacy Design 〜



壊れやすい革製品の部材や作り

次に挙げる部材や構造は壊れやすいと認識しています。

このため、half completeでは採用していない、または採用したくないものとなっております。

ぽってりエナメル

『もって半年』

端の処理にぽってりのった粘度の高いエナメルが使われることがあるようです。

革の端を上手に処理するのは手間がかかります。

特に荒れた端となりやすいクロームなめし革の端を短時間でなんとなくまとめるためには、ぽってりエナメルは有効です。

ぽってりエナメルは有名ブランドでも使われていますが、なんだかなぁ、と思います。

half complete製品ではないのですが、

「手ひもが壊れちゃったんですけど直りますか?」

と、ぽってりエナメルが剥がれた状態のバッグをもっていらっしゃるお客様がいらっしゃいます。

(買って半年くらいかな?)と思いながら

「買ってからどのくらい経っていますか?」

と、とりあえず聞いてみると

「半年も経っていません」

とのことです。

まぁ案の定ですが、1年もてば良い方だと認識しています。

ご購入の際にはお気をつけになるとよいと存じます。

なお、ぽってりではないエナメルもありますが、

『上にのっているものはどうせ溶ける』

とhalf completeは認識しているので、

half completeはエナメルは基本的には使いません。

ファスナー

ファスナーは次の特徴を持っており、たとえYKKであっても、部材の中では最も壊れやすい部品と認識しています。

ファスナーは細かい部品の集合体となっています。

細かい部品の割には結構力がかかる部品となっています。

細かい部品の割には使用頻度が多く、摩擦を受ける構造となっています。

ファスナーの歯の周辺は布となっています。

中味を入れすぎるのはファスナーに負荷が掛かります。

中味を入れすぎてなくても、速いスピード、強い力でお使いになるのは、ファスナーの歯、周辺の布、取り付けられている革などを確実に痛めます。

ファスナーをご利用の際には、中味を入れすぎること無く、無理な力がかからないように、ゆっくり丁寧にお使いになることを薦めさせていただいております。

蛇足ではありますが、half completeは金属ファスナーが嫌いです。

重いので。

金属ファスナー一発で確実に重くなります。

作っている時にスルスル動かすだけで金属臭いし。

half completeはコイルファスナーの方が曲がりに強く、軽いため、金属ファスナーより丈夫さ、有用性において優位であると考えています。

見た目で金属ファスナー、という方は、まぁしょうがない、好きずきだから、と考えているので、ごり押しはいたしません。

サラッと説明するだけです。

half completeでは、ファスナーを使う際はコイルファスナーをお勧めしています。

ビニール窓

定期入れなどの窓ですね。

軟質プラスチックであればまだマシですが、硬質プラスチックは劣化が激しい。

ヘリ返し

革の端に使われる技法です。

革の厚みは0.8mm以下になっていると思われます。

革の場合、0.8mm以下は確実に切れると認識しているので、ぶつかった場合などはヘリ返し部分は切れると認識しています。

half completeでは当たりに強く修理もしやすい切り磨き、またはhalf completeオリジナルのラウンドコーナー仕様をお勧めしています。

縫い返し

裏から縫った後にひっくり返す技法です。

多くのバッグに使われていますが、half completeは非常に弱い製法だと認識しています。

ひっくり返す際には、縫われた穴を丈夫な糸で広げる力が働きます。

ひっくりかえされている場所は糸だけでしか留っていない場合もあります。

half completeは基本的には縫い返しにならないようデザイン、製作しております。

玉縁(たまぶち)

縫い返しの糸が見えないようにするためだけの技法とhalf completeでは認識しています。

縫い返しの際には単なる縫い返しより強い力で返すことが必要になると認識しています。

このため、強度は縫い返しと同様かそれ以上に弱いと認識しています。

玉縁を作るためには、周辺部に2cm幅の材料がぐるっと回ることになります。

このため、玉縁の製品は確実に重くなります。

half completeは重いのと弱いのは嫌いなため、玉縁は最も嫌いな技法です。

基本的には使いません。

縫う

唐突ではありますが、お醤油などが入っている小分けのビニールの切り口にはマジックカットと言う製法が使われています。

「こちら側のどこからでも切れます」

といった表示がされていると思います。

細かい切れ目が入っており、力を加えなければ切れないのですが、力を加えると切れやすい、という構造となっています。

さて、本題ですが、

縫うというのは「穴を開けて糸を通す」行為となっています。

縫うという行為は形を作る上では有効ですが、縫ったからと言って強度が増すとはhalf completeは認識しておりません。

曲がり部

特に常に曲がりが発生する部分については、開いた穴を丈夫な糸でこじっている、という動作が常に発生していると認識しています。

手ひも部

手ひもは常に力がかかる部分です。

ここを横に縫うのはマジックカットと一緒だとhalf completeでは認識しています。

half completeでは縫うというのは強度を弱めると認識しており、なるべく縫わず、それでいて強度は確実に高い、となるようデザイン、製作しています。

内側への折マチ

内側が狭くなり、厚みが発生し、部材も使うため重くなる

縫いが多くなり、薄くもするため強度も弱い。

内側への折マチは最も無駄な構造と認識しています。

half completeは内側へ織り込まないhalf completeオリジナルのラウンドコーナー仕様をお勧めしています。

half completeラウンドコーナー仕様は、内側が狭くなること無く、厚みが発生すること無く、部材も最小限、縫いはマチ部には発生しない構造となっています。

クロームなめし革

革製品と思われるバッグに使われる素材には次のようなものがあります。

  • 人工皮革
  • 塩化ビニール
  • クロームなめし革
  • 植物タンニンなめし革

人工皮革

現在の人工皮革は大変優秀と認識しています。

布や紙などに顔料がのって出来ている材料のようですので、顔料がのっていることが一般的なクロームなめし革とでしたら区別がつかないほどです。

ただし、所詮顔料なので、剥がれて来ます。

永持ちはしないようですので、永くお使いになりたい方は止めておいた方が良いかと存じます。

また、空気抜けしない素材と認識しており、臭い抜けやカビ抜けはしにくいと認識しています。

half completeでは使いません。

※half completeは植物タンニンなめし革をお勧めしており、クロームなめし革は嫌いです。

塩化ビニール

有名ブランドに使われているのを初めとして、強度としては大変強いと認識しています。

顔料のように剥がれてくることも無いようです。

「えっ、革だと思ってた」

という方が多くいらっしゃるようですので、見た目もそれなりに良いようです。

half completeでは全く良いと思わないので使いません。

なお、空気抜けしない素材と認識しており、臭い抜けやカビ抜けはしにくいと認識しています。

塩化ビニール自体は0.4mm程度の厚みで薄いながらも丈夫な素材ではありますが、裏には補強のための芯材がばっちり貼られており、こちらも臭い抜け、カビ抜けを阻害する要因となっています。

クロームなめし革

いわゆる本革ではあります。

が、half completeでは革という認識は実はしておりません。

「クローム使うんだったら紙とかビニールで良いじゃん」

くらいには思っております。

half completeでは全く良いと思わないので基本的には使いません。

こちらも、空気抜けしない素材と認識しており、臭い抜けやカビ抜けはしにくいと認識しています。

クロームなめし革の特性

クロームなめし革は熱に強く、水に強く、切れに強い、という特性を持っています。

ここで使われているクロームなめし剤というのはいわゆる金属のような特性を持っており、出来上がった革も金属のような特性を持っているとhalf completeは認識しています。

水に強い、というのは水が通りづらいということで、穴が開いていない、ということに近いと認識しています。

金属の特性を持つため、分子結合が強く、穴が開いていない、といった感じかと推察しております。

クロームなめし革について悪い言い方をされる場合は、「死んだ革」、「経年劣化(年とともに段々ひどくなる)」などと言われます。

half completeでは「穴が開いていないため、呼吸をしない」と認識しています。

現状ではクロームでなめされた革は「青っぽい灰色の革」に「顔料」がのって出来ていると認識しています。

バッグの角などで顔料が剥がれると青っぽい灰色が出てくる、という状態が散見されます。

角などが剥がれていない状態であっても、half completeには呼吸していない状態の素材は分かります。

人工皮革は優秀なのでクロームなめし革とはなかなか区別がつきにくいのですが、人工皮革、クロームなめし革、塩化ビニールを使った製品を見ると、味が無いなぁと思います。

植物タンニンなめし革であれば顔料がのっていてもhalf completeは判別できるようです。

空気抜けをする穴が無いと光の分散が変わってくるから判別出来るのではないかと推察しています。

超危険な革

床革に顔料...こんなのもあるようですのでお気をつけください。

革は強度のある表面とその下の柔らかい面から出来ています。

床革というのはその下の柔らかい面のことです。

バナナの皮で言うと外側の比較的硬い部分と、内側の柔かい部分、のようなものです。

強度はまぁまずないに等しい...。

「本革です」

たしかに。

「植物タンニンなめし革に顔料です!!」

たしかに。

嘘ではないけど、優良誤認へ導く行為で最もたちが悪い。

まぁ詐欺です。

気をつけましょう。

half completeが使う革は

植物タンニンなめし革

です。

現在では厳密には純粋な植物タンニンが使われていないことも多いのですが、特性としては、使っているうちに革らしい良い感じになると言われている革となります。

half completeは基本的には植物タンニンなめし革を使います。

クロームなめし革とは異なり、「生きた革」、「呼吸する革」と言われ、「経年変化(良い感じに変化する)」が期待出来る革となっています。

タンニンは色がこげ茶色ないし黒くなっていくという特性があります。

生成りの色だった革が飴色になる、というのが典型的な例となります。

生成りを飴色にするのは相当大変だと思われます。

half completeはこげ茶を基本的にはお勧めしています。

黒色は「光の加減で白っちゃける」とhalf completeは認識しておりますので、黒色のご指定があった場合には(サラッとですが)お勧めしない旨ご案内しております。

前述しましたがタンニンは色がこげ茶色ないし黒くなっていくという特性があります。

このため、にごりの無いきれいなパステル色などは基本的には出ないのですが、half completeでは工夫をし、にごりの無いきれいなパステル色が出せていると認識しています。