half complete
〜 No Legacy Design 〜

No Legacy Design Concept

half completeのデザインコンセプトはNo Legacy Design (ノー・レガシー・デザイン)としています。

No Legacy Design(ノー・レガシー・デザイン)とは

Legacy(レガシー)という言葉は受け継がれた遺産という良い意味で使われることが多いようです。

その一方で、遺産には負の遺産というのもあり、Legacy(レガシー)は悪い意味で使われることもあるようです。

half completeでは世の中にないものを作るということでやっています。

half complete『独自』の発想でゼロから考え、デザイン、製作しています。

いわゆるパクリは一切ありません。

デザイン、製作にあたっては何も見ずに作り、出来上がってから他者の権利を侵害していないか確認しています。

世の中にないものを作るという上で、従来からのデザイン、製法などはhalf completeの妨げになる負の遺産と捉えています。

負の遺産(Legacy(レガシー))が無い(No(ノー))デザイン(Design)ということでNo Legacy Design(ノー・レガシー・デザイン)がhalf completeのデザインコンセプトとなっています。


No Legacy Designは長嶋和憲の造語です。

half complete