half complete
〜 No Legacy Design 〜

スキップニット

スキップニットはhalf complete流の縫いの名称です。

half complete製品には、あえて縫っていないところが多くあります。

縫うこと自体は弱い

縫うということは、穴を開けて糸を通すこと、となります。

当然素材を傷めます。

マジックカット縫い

縫い穴の間隔が狭い場合、切れていることに近い状態となります。

力のかかる方向に縫われている場合、お醤油などの小分けのビニールパックにある「こちら側のどこからでも切れます」に近い状態と認識しています。

一般的な製品に良くあるように、力のかかる方向に縫われている場合、または縫いの間隔が狭いことをhalf completeでは揶揄して「マジックカット縫い」と称しています。

スキップニット

half completeでは「縫わない」で製品を作ることを前提に製品開発をしています。

縫う場合でも最小限とし、一般的には縫われているだろうところも縫わないことが多くあります。

「さぼり縫い」とも言えると思われますが、横文字で「スキップニット」と呼んでいます。

もちろんスキップニットの方が丈夫であると確信を持ってやっております。


 

一般的な製品にありがちなように、縫ったところから革が切れるなどということがないようhalf completeでは製品開発、製作しています。

half completeスキップニット革の正直な話